山手線 渋谷駅

タイトルロゴ
山手線

山手線で旅をする

スポンサードリンク
 

 渋谷駅

 渋谷駅を中心とする地域は山手線の中でも、もっとも若者から支持を得ている街です。

  渋谷駅には、新宿などと同じく山手線を中心に、沢山の路線が放射状に集まり、この駅も

  扇の要になっています。

 渋谷を語るのに、東急グループをはずす事は出来ません。江戸時代まで、大山街道(ほぼ現

 246号線)沿いの集落として存在していた渋谷村に、明治時代に山手線が開通すると、この村

 の都市化が一機に進みます。東急電鉄が東横線を開通させた後、当時の日本近代私鉄経営

 先駆者の阪急電鉄の手法を模倣して、ターミナルにデパートを同居させました。

 その後、西武資本(ロフト、パルコ)が渋谷に進出すると、東急資本の開発が一機に加速

  され、109や東急ハンズなどの進出で、渋谷は短期間のうちに若者に指示される一流商業地

 へと変貌していく事となります。

 さて、東京には四谷や市谷、そして渋谷など谷の名がつく地名が多数存在します。もちろん谷は

 窪地を表すわけですが、渋谷にはこの谷のイメージを端的に体験できるポイントがあります。

 地下鉄銀座線は、表参道まで地下を走ってきますが、渋谷に出た瞬間に、山手線の上(地上

 3階付近)で停車いたします。いかに渋谷が窪地にあるか実感できる瞬間です。

 と言うことで、渋谷には坂に関する地名が多数存在します。今回は、渋谷駅を中心に坂を

  めぐる旅をしたいと思います。

 

 渋谷駅ハチ公口は、渋谷でももっとも人が集まるポイントです。もう説明もいらないと思い

  ますが、109方面に向うこの坂が、道玄坂です。江戸時代の道玄坂は、大山街道 (厚木

  街道=現246号)の一部として多くの人が往来していたようです。道玄坂の名前の由来は

  大和田太郎道玄の山賊伝説もありますが、道玄庵という庵があった事に由来すると考えら

  れています。 

HOME

池袋駅 田端駅 日暮里駅

新宿駅        上野駅

原宿駅      秋葉原駅

渋谷駅        神田駅

五反田駅      東京駅

大崎駅        新橋駅

品川駅  浜松町駅     

リンク集1    リンク集2

リンク集3    リンク集4

リンク集5    リンク集6

リンク集7    リンク集8

リンク集9    相互リンク

プロフィール

道玄坂
スペイン坂

 道玄坂から少し北に抜けると、井の頭通りからパルコパート1の間にスペイン坂があります。 この坂道はまわりの商店が協力のもと、街の景観に

 スペイン風の統一感を持たせてあります。ウインドウショッピングだけでも非常に楽しい坂道です。ただ私はスペインにいった事 がありませんので

 スペイン風かどうかがわかりませんが。

間坂

  井の頭通りに戻り、途中から左に曲がりロフト沿いに公園通りに向かいます。実はこの坂にユニークな名前が付いて

  いるのをご存知ですか?

  平成元年にロフトが公募して命名しました間坂(まさか)です。渋谷駅と公園通りの間、ビルとビルの間、『まさか』の

  語呂の良さがなどが、命名の理由の様です。

   商業施設横の平凡な坂道が、方法によっては、こんな話題性を持った坂道になってしまうんですね。活性化が叫

  ばれている地方のシャッター通りの商店街の復活のヒントになりそうです。

 このほかにも、渋谷にはオルガン坂や天狗坂など、興味をそそられる坂道が沢山存在します。 若者から圧倒的に支持を得る街、渋谷は谷底の

 坂に囲まれた街でした。

風景

Copyright(C )Yamatabi 山手線の旅 All Rights Reserved